Mac でサポート切れのスキャナーを動かす

P5170097

システムをアップグレードするとき、いつも気がかりなのは、現在の環境を引き続き利用できるかです。周辺機器やソフトウェアの買い換えによる余計な投資は抑えたいし、ましてや仕事が絡んでくると、システムや機器の更新での不測の事態は避けたいものです。利用中の機械の癖や特徴を理解したうえでの使い方も、大切な資産ですしね。

とはいえ、いつまでも古いシステムを使用し続けることは、主にセキュリティー面での危険をはらみます。この辺を考えていると、Windows の下位互換性って本当にすばらしい。Windows 7(2009)で Illustrator 9(2000)が動くとか、Windows XP(2001)のサポートが2014年までとかは本当に驚愕です。Mac じゃそうはいきませんからね。

さて、前置きが長くなりましたが、私が使っているスキャナーの一つに Canon の CanoScan LiDE 500F があります。これは2005年の発売で、Mac の OS サポートは2009年に登場した 10.6 までで終わってしまいました。いま使用中のシステムが 10.8 ですが、何の不具合もないスキャナーですからまだまだ使いたいわけです。では、どうしたらいいのか。古いスキャナーを動かすソフトウェアとして有名な「VueScan」を使う方法もありますが、これは有料です。かといって、キャノンのドライバーは10.6までしか対応していない……。

待てよ、逆に 10.6 で動くなら、10.8 でもいけるんじゃないの?ってことで挑戦です。

36103bc6207d5b74589bf1a9ead20217

まずは、ドライバー(v11.2.5.1X)をダウンロードしてインストール。

0ea25ad34902d581db84306ed0f7475b

ここで疑問に思う人もいるのではないでしょうか。「ドライバーが使えたって、スキャナー用のアプリケーションも 10.6 までしか動かないんだから、意味ないんじゃないの?」と。けっこうこれで断念している人って多いようです。しかし、実は「プレビュー」を介してスキャナーが利用できるのです。

プレビューを起動して、
ファイル>スキャナから読み込む
をみると、

1325f069e2eb8a1689909e378822f1ec

やったね、スキャナーを認識しました! さっそく読み込んでみましょう。

a4f7a4ae1cd49506092b97e5392f8820

問題なく動くようになりました! これでもうしばらくは使えそうです。

追記:CanoScan LiDE 500F のドライバーは、OSX 10.9 では作動しません。

Please follow and like us:
カテゴリー: Tips

Mac でサポート切れのスキャナーを動かす” への2件のフィードバック

  1. さいとう 返信する

    助かりました!LiDE 700F を OS 10.12 でどうやって動かしたものか、
    2時間近くもあれこれいじって疲れました。
    ほんとうにありがとう!

    • ema 投稿者返信する

      だいぶ古い内容ですが、役に立ったようで良かったです。
      (・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。