【Mac OSX 10.11.1 El Capitan 対応】メールデータの引き継ぎ方法

Mac OSX 10.11.1 El Capitan で以前のメールデータを引き継ぐ方法です。

(これまでは、一発で全てのメッセージとメールボックスを復元する方法を紹介していましたが、10.11.1 のアップデートで Mail.app の仕様に変更があり、それでは上手く対応できなくなりました。そこで、改めて別の方法をご紹介します)

ここでは、10.10 Yosemite からの移行を前提にします。

1,10.10 から次のフォルダーをコピーしておきます。
user/Library/Mail/V2
※手順2以降は 10.11 での作業です。

メールバックアップ1

2,Mail を起動させ、「ファイル」から「メールボックスを読み込む…」を選択します。

スクリーンショット 2015-10-31 4.01.02

3,読み込むデータを指示します。「Apple Mail」を選択し次に進みます。

2015-10-31_04-01-09

3,始めにバックアップした V2 フォルダーを選択すれば、フォルダー内の全てのメールを読み込みます。特定のアカウントフォルダー、まはた特定のメールボックスだけを指定して読み込むこともできます。

スクリーンショット 2015-11-02 13.10.11

※読み込ませたいメールボックスの拡張子が.mboxなので、「mbox ファイルのフォーマット」を選択したくなりますが、実際には「Apple Mail」を使用します。
※特定のメッセージだけを読み込ませたい場合、.mbox内の .emlx を個別に選択したいところですが、.emlx は直接の読み込みができません。移行作業前に別途メールボックスを作って、必要なメッセージだけをその中に移動させておくととても楽です。

スクリーンショット 2015-11-02 12.45.23

4,読み込みが終了したら、「この Mac 内」のメールボックスに全てが入っています。あとは、必要に応じてメールボックスとメッセージを移動させるなどして整理すれば完了です。

スクリーンショット 2015-11-02 13.46.37

Please follow and like us:
カテゴリー: Tips

【Mac OSX 10.11.1 El Capitan 対応】メールデータの引き継ぎ方法” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: macOS Sierraをインストールする | eye4brain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。